アクセスカウンタ

プロフィール

ブログ名
着こなしを楽しむ
ブログ紹介

zoom RSS ブログ 新着記事

タイトル 日 時
Instagram開始しました crestexecutive548
Instagram開始しました crestexecutive548 Instagram開始しました。crestexecutive548 ...続きを見る

驚いた ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0

2015/12/30 08:38
ステェファノ・ベーメル氏に捧ぐ
ステェファノ・ベーメル氏に捧ぐ 皆様ご存知のとおりイタリアフィレンツェの靴職人の巨匠、ステェファノ・ベーメル氏が48歳の若さで亡くなった。小生は青山にベーメル氏のショップがあった時に一度実際にお会いし、小生が持っている氏の靴の素晴らしさについて話をさせていただいたことをよく覚えている。氏はグレイのスーツ姿であった。とても大きい方で穏やかな話ぶりの方であった。「ベーメルさんの靴は履けば履くほど馴染んで素晴らしい靴ですね。」とお話をするとすっと手を出して握手をしてくださった。職人独特のごつごつしたしっかりとした手であったことをよく... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 40 / トラックバック 0 / コメント 4

2012/09/30 07:02
人の着こなしから学ぶ
人の着こなしから学ぶ MEN‘S EXの2月号でマリオペコラの佐藤さんがこんなチャコールグレーのスーツに赤のタイをしめ、かっこよく掲載されていたことを思い出し、真似してみた。以前佐藤さんと話をしていた時に「自分は赤のタイが好きである。」ということをおっしゃっていた。チャコールグレーと赤の相性はなかなかよろしい。小生の写真でもなかなかシャープな感じが出ていると思う。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 45 / トラックバック 0 / コメント 4

2011/03/05 20:38
春の日差しに誘われて
春の日差しに誘われて 春の日差しを感じるようになった。その日差しに誘われて少し涼しげなスーツを引っ張り出す。ルチアーノ・バルベラがその日の日差しでその日のアイテムとコーディネートを決めると言っているがその気持ちがわかるようになってきた。こんな日にウールの黒く長いコートを着ている人を見るとその日差しと空気に合っていないと感じるからだ。アイテムを冬物、春物と区別せず、その日の日差しと空の様子で選び、コーディネートを決める。つまり着こなしはその日の風景に自分をどう馴染ませるかという作業なのかもしれない。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 13 / トラックバック 0 / コメント 4

2011/02/27 06:59
ラルフローレン
ラルフローレン 突然ですが、ラルフローレンである。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 11 / トラックバック 0 / コメント 6

2011/01/03 21:10
タイの管理とコーディネート
タイの管理とコーディネート 皆様はネクタイをどう整理されているだろうか。小生も20年以上ネクタイを買い続けているのでその数はかなりの数となる。ラルフローレンが大好きだった頃はラルフローレンばかり購入し、ニューヨーク本店やバーニーズ、サックスフィフスアベニューに何度も通ったこともある。バーバーリー、ゼニア、エトロ等英国ものイタリアものをいろいろ試していく中で15年位前からイタリアのクラシックなタイに落ち着いてきた。次第にタイの質が見えるようになってきた。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 31 / トラックバック 0 / コメント 6

2010/12/31 22:27
ツイードスリーピースを楽しむ
ツイードスリーピースを楽しむ 益々寒くなり、ツイードの出番が多くなってきた。寒い日にはツイードの厚く、暖かい感じがとても嬉しい。心に豊かさを感じることができる。英国の厳しい冬に思いを馳せる。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 12 / トラックバック 0 / コメント 12

2010/12/19 03:18
時には華やかなジャケットで
時には華やかなジャケットで 週末仕様のリラックスしたツイードジャケツトの着こなしである。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 9 / トラックバック 0 / コメント 2

2010/12/13 02:20
寒さに心地よいスリーピースの着こなし
寒さに心地よいスリーピースの着こなし 寒いということもあろうが、最近スリーピースが心地よい。部屋の中は暖房が効いていることが多く、暑がりの小生は上着を脱ぐことが多い。そんな時、スリーピースのベストが着こなしを引き締めてくれるのである。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 30 / トラックバック 0 / コメント 10

2010/12/04 17:30
ツイードの季節
ツイードの季節 最近益々寒さが厳しくなってきた。こんな時は前回のフランネルと共にツイードが手放せなくなる。しっかりとしたツイードは寒い冬に本当に心地よい。小生はツイードをジャケットではなく、スーツで着ることが多い。ツイード生地のパンツはとても暖かく、寒さをしのぐことができる。ベストもあればコートは必要ない。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 10 / トラックバック 0 / コメント 2

2010/11/28 05:56
秋らしい足元から
秋らしい足元から 深まり行く秋、昔「ネル」と言っていたフランネルが恋しくなる。その肌さわりは日本の秋にピッタリであるし、身につけていると気持ちも暖かくなる。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 10 / トラックバック 0 / コメント 8

2010/11/21 05:56
休日のジャケットの着こなし
休日のジャケットの着こなし 休日のジャケットの着こなしである。気持ちはリラックスしているが、コーディネートするアイテムはあくまで体にピッタリ沿ったどこかしら品を感じさせるアイテムを選ぶ。内側から豊かさを感じる。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 10 / トラックバック 0 / コメント 2

2010/11/14 03:49
心地のよいダブルブレスト
心地のよいダブルブレスト キュッとウエストが引き締まったダブルが好きである。着ていて気持ちが引き締まるし、背筋がピンと伸び、心地よい緊張を感じ、所作もそれなりにエレガントになる。相手に対してもそれなりの礼節を感じさせるに違いない。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 11 / トラックバック 0 / コメント 4

2010/11/07 03:03
スリーピースの着こなし Vol.9
スリーピースの着こなし Vol.9 英国Carrington OMC生地のストライプスリーピースである。英国ならではの張りのある生地の感じは、背筋が伸びる。ハンドメイドであり、数年着こんできているので、堅い生地もなじみ、縫い目もかなり伸びて着心地も柔らかくなっている。単に柔らかいということではなく、メリハリのある柔らかさである。イタリアのデリケートな生地と比較するとカッチリとした安心感、安定感がある。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 11 / トラックバック 0 / コメント 11

2010/05/29 19:15
スリーピースの着こなし Vol.8
スリーピースの着こなし Vol.8 ストライプスリーピースの着こなしである。ストライプの調子が強いので、コーディネートするアイテムについてはできる限り色数を抑え、綺麗なストライプがより強調されるようにする。ストライブの強いスーツを着こなす場合、これが一番大切なことである。今回のバルペラのストライプはよくよく見るとダブルになっており、地のブルーがとても綺麗なので、白のストライプが実に綺麗に溶け込んでいる。英国でこのような色っぽい生地は作らないだろう。バルベラならではである。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 5 / トラックバック 0 / コメント 5

2010/05/22 20:58
ストライプスーツの着こなし Vol.5
ストライプスーツの着こなし Vol.5 着こなし全体の雰囲気はパンツが決めると考えているが、パンツが細いとモダンでスタイリッシュな雰囲気が醸し出される。これに対して、ゆったりとしたパンツであればクラシックな雰囲気が出る。小生は両方好きなのだが、パンツが細身である場合も、靴等はあくまでクラシックなアイテムをセレクトし、着こなし全体を落ち着いた雰囲気にまとめているのが特徴かもしれない。シャツ、タイ、靴等の色や柄、パターンを極端に変更することはしないのである。ここのあたりが自分の着こなしの範囲を制限しているところである。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 5 / トラックバック 0 / コメント 0

2010/05/15 18:23
ジャンニ・カンパーニャ
ジャンニ・カンパーニャ ミラノ、ジャンニ・カンパーニャの3つボタンスーツである。肩周りから胸にかけてのドラマティックさは小生の持つスーツでNO1である。ミラノ仕立ての中でもカンパーニャは独特である。カンパーニャのモードのモデリスタとしての経歴がその独自性を生み出していると言える。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 6 / トラックバック 0 / コメント 4

2010/05/09 05:10
ストライプスーツの着こなし Vol.4
ストライプスーツの着こなし Vol.4 今日は足元の写真からである。パンツのストライブを見られてどんな靴をコーディネートされるであろうか。このようなストライプが強い生地である場合は、黒靴がやはり相性がよい。しかもプレーンなキャップトゥではなくこのようなセミブローグが足下が安定し、ピッタリである。強いストライブを穴飾りが中和させ、バランスをとるからである。慣れてくると意識せずともそのようなコーディネートを自然にするようになる。「これだけ」というわけではないが、間違いなく安定した足元が出来上がる。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 10 / トラックバック 0 / コメント 4

2010/05/02 19:01
ナポリ仕立てを着こなす Vol.6
ナポリ仕立てを着こなす Vol.6 ナポリイザイアのスーツである。約15年前のものであり、現在の「グレゴリー」等のようなモダンさはないが、十分スマートなスーツの着こなしになっているのではないだろうか。オールハンドではない。だが、肩周りの立体感もとても素晴らしく、綺麗なドレープが出ている。胸のボリュームが素晴らしい。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 9 / トラックバック 0 / コメント 2

2010/04/24 20:16
リヴェラーノ&リヴェラーノ
リヴェラーノ&リヴェラーノ リヴェラーノ&リヴェラーノの3つボタンスーツである。約10年前のものである。リヴェラーノ&リヴェラーノのショップがあるフィレンツェ製だと思われるこのスーツであるが、実はこの当時のものはナポリのイザイアが作成している。フィレンツェカットのナポリ製なのである。ハンド率が高く、通常のイザイアのスーツとは異なる行程を経ていると思われる。現在もリヴェラーノ&リヴェラーノの既成は販売されているが、どこで作られているかはよく把握していない。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 8 / トラックバック 0 / コメント 0

2010/04/18 19:05

続きを見る

トップへ

月別リンク

着こなしを楽しむ/BIGLOBEウェブリブログ
[ ]
文字サイズ:       閉じる